Further seems forever 15年ぶり来日決定!

waver waver present’s “Ex-Hivision” FURTHER SEEMS FOREVER Japan Tour 2020 開催決定
アメリカのエモ・ハードコアシーンを代表するバンド「FURTHER SEEMS FOREVER」15年ぶりの来日公演が決定!

東京公演 5月28日  ➡︎ 2021年5月28日
チケットの払戻しはこちら


チケットは以下のサイトにて販売中!
e+
waver waver present’s
“Ex-Hivision Vol. ”
Further seems forever JAPAN TOUR 2020

2020年5月28日公演 東京 渋谷ウーム
開場 17時00分 開演 18時00分

前売りチケット
5,000円 ドリンク代別
一般発売日 : 4月4日〜
当日券:未定

Ticket now on sale
5.28.2020 at TOKYO WOHM
OPEN:5:30pm START:6:00pm
Pre-sales Ticket 5,000Yen (withpout Drink)
GET TICKETS

主催 waver waver
協力 株式会社マイコール
お問い合わせ 各ライブハウスまで
公演オフィシャルサイト http://www.waver-waver.com/fsf
THURSDAY オフィシャルサイト http://furtherseemsforever.com/

東京公演 5月29日  ➡︎ 2021年5月29日
チケットの払戻しはこちら

チケットは以下のサイトにて販売中!
e+
waver waver present’s
“Ex-Hivision Vol. ”
Further seems forever JAPAN TOUR 2020

2020年5月29日公演 東京 渋谷ウーム
開場 17時30分 開演 18時00分

前売りチケット
5,000円 ドリンク代別
一般発売日 : 4月4日〜
当日券:未定

Ticket now on sale
5.28.2020 at TOKYO WOHM
OPEN:5:30pm START:6:00pm
Pre-sales Ticket 5,000Yen (withpout Drink)
GET TICKETS

主催 waver waver
協力 株式会社マイコール
お問い合わせ 各ライブハウスまで
公演オフィシャルサイト http://www.waver-waver.com/fsf
THURSDAY オフィシャルサイト http://furtherseemsforever.com/

[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”]

THURSDAY 来日前ビデオコメント!

[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Video_Widget”][/siteorigin_widget]

THURSDAYのボーカル・ジェフからコメントが届きました!
来日を心待ちにしているそうです、今年最後のライブを見逃すな!

大阪公演情報

チケットは以下のサイトにて販売中!
e+ ぴあ

waver waver present’s
THURSDAY JAPAN TOUR 2019
with nim
2019年12月5日公演 大阪 SUNHALL
開場 18時00分 開演 19時00分

前売りチケット
7,000円 ドリンク代別
2次先行発売 : 8月30日~9月6日
一般発売日 : 9月6日〜 e+ ぴあ
当日券:未定

Ticket now on sale
12.5.2019 at OSAKA SUNHALL
OPEN:6:00pm START:7:00pm
Pre-sales Ticket 7,000Yen (withpout Drink)
GET TICKETS

主催 waver waver
協力 株式会社マイコール
お問い合わせ 各ライブハウスまで
公演オフィシャルサイト http://www.waver-waver.com/thursday
THURSDAY オフィシャルサイト https://www.thursday.net/

東京公演情報

チケットは以下のサイトにて販売中!
e+ ぴあ

waver waver present’s
THURSDAY JAPAN TOUR 2019

2019年12月6日公演 東京 SPACEODD
開場 18時00分 開演 19時00分

前売りチケット
7,000円 ドリンク代別
2次先行発売 : 8月30日〜9月6日
一般発売日 : 9月6日〜e+ ぴあ
当日券:未定

Ticket now on sale
12.5.2019 at TOKYO SPACEODD
OPEN:6:00pm START:7:00pm
Pre-sales Ticket 7,000Yen (withpout Drink)
GET TICKETS

主催 waver waver
協力 株式会社マイコール
お問い合わせ 各ライブハウスまで
公演オフィシャルサイト http://www.waver-waver.com/thursday
THURSDAY オフィシャルサイト https://www.thursday.net/

THURSDAY 来日前インタビュー! 

[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]

1997年にニュージャージーで結成されたサーズデイは、エモ/ポストハードコアを代表するバンドとして“スクリーモ”と呼ばれるジャンルを確立。マイ・ケミカル・ロマンスなどとの交友を持ち、メジャーデビューを果たした3rdアルバム『ウォー・オール・ザ・タイム』がUSビルボードトップ200に選ばれるなど、オリジナリティの高い音楽性を世界に知らしめた。

しかし、2011年に予定されていた来日公演は東日本大震災の影響でキャンセル、バンドは翌年2012年に活動休止を発表した。そして、2016年に再結成を果たした彼らが、いよいよ初の単独来日公演を行う。同公演を前に、ジェフ・リックリー(Vo)に訊いたインタビューをお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

■僕らがポップミュージックを
■壊したような気がしたよ

──結成当初から現在までの22年間、バンドの核となっているルールやポリシーはありますか?

ジェフ:結成以来、サーズデイは2つのことを大事にしてきたつもりだ。まずは思いやり。これは、すべての人間が、複雑な世界で生きる方法を理解するために奮闘し、お互いを理解するために最善を尽くすべきだという考えから。次に、このバンドは、あらゆる種類のビジネスを行う前に、常にメンバー間でミーティングを行ってきたということだね。

──ベースメントショー(※住宅などの地下室で開催されるイベント)での下積みがバンドにもたらしたものは?

ジェフ:僕らは、僕ら自身で全てをやらなくてはいけないことを教え込まれたよ。様々な目的を達成するには、自分のためになんでもやる必要があるということをベースメントショーの経験で知ったんだ。またそこからは、真実のままに生き続けること、バンドとオーディエンスの間にいかなる隔たりも存在しないこと、世の中に懐疑的な状態でいることを教えられた。

──サーズデイにとって、通算3作目となるメジャーデビューアルバム『ウォー・オール・ザ・タイム』(2003年発表)の存在はご自身のとっても決して小さいものではない思います。ただ、その前にバンドに大きな変化をもたらしたのは、やはり2ndアルバム『フル・コラプス』(2001年発表)でしょうか?

ジェフ:『フル・コラプス』は僕たちのすべてを変えたアルバムだね。地下でのショーやお客さんのいないバーで演奏するバンドから、2,000人ものお客さんが入るショーを行うバンドにまでにしたアルバムだから。それは今までにはありえないようなことで、僕らの生活のすべてを変えたと言っていい。

──『ウォー・オール・ザ・タイム』が全米ビルボードチャート7位という快挙を残した時は、どんな気分でしたか?

ジェフ:僕らがポップミュージックを壊したような気がしたよ。『ウォー・オール・ザ・タイム』のように怒りや感情が閉じ込められた楽曲たちはトップ10に入っていなかったからね。特に、前年はアンダーグラウンドで演奏していたようなバンドだったわけだし。

──『ウォー・オール・ザ・タイム』は、多くの人が「2000年代のポストハードコアのシーンに大きな影響を与えたアルバムだ」と言っています。ご自身ではその要因はなんだと思いますか?

ジェフ:なぜ大きな影響を与えたのか、わからないことだらけだよ。特に影響を与えた側はね。ただ、その要因のいくつかには音楽的なものがあったと思う。オーディエンスは暗闇……ザ・キュアーの旋律的な部分、ジョイ・ディヴィジョンなどポストハードコア・サウンドを望んでいたんだ。そして僕もまたそれがバンドのモラルだと思っていた。一生懸命働いて、床で寝て、僕らは何もないところからやってきたんだ。結果、『ウォー・オール・ザ・タイム』は、誰もが僕らと同じようなことができることを、小さな町からの来た他のキッズたちにも示せたと思う。

──心に突き刺さり、体が勝手に反応してしまう……そんな魂を揺さぶる歌詞はどこから着想を得ているんでしょうか?

ジェフ:僕が読んで育った作家、たとえばアンカーソン、フランク・オハラ、マイケル・パーマー(ライオンズブリッジの詩人)等から、たくさんのインスピレーションを得ているよ。

──サーズデイは一時期、解散状態にありましたが、メンバー間の全ての行き違いを解決して、また一緒に時間を過ごすことが可能になったそうですね。それがバンドにもたらしたものとはなんですか?

ジェフ:当時、メンバーはお互いにスペースを必要としていたんだよ。僕らは15年間、1年のうち10ヵ月ものツアーをがむしゃらに走り続けていたからね。僕自身は重度の薬物中毒という問題を発症していたし。でも、バンドに戻るタイミングで真っ当な人間に変わったんだ(笑)。

──では最後に、日本公演の後の予定は? 昨年は日本に長く滞在していたとか。

ジェフ:実は昨年、3週間過ごしたんだよ。なぜなら僕は日本という国と人々、そして食べ物が大好きだから。今年も日本を楽しむために数日間滞在してみるつもりだよ。

──15年ぶりの来日にして初の単独公演を待っていた日本のファンに一言お願いします。

ジェフ:僕たちも、もう待つことができないよ! ぜひ会場に来て、僕らに「Hi!」って言ってほしいな

取材・文◎ANZU

■東阪ツアー<waver waver presents「THURSDAY JAPAN TOUR 2019」>
12月05日 大阪 SUNHALL
open18:00 / start19:00
12月6日 東京 SPACEODD
open18:00 / start19:00
▼チケット
7,000円 ※ドリンク代別
一般発売日:9月6日
【イープラス先行発売】
受付開始:7月17日-8月7日
大阪公演 https://eplus.jp/sf/detail/3023710001-P0030001
東京公演 https://eplus.jp/sf/detail/3023740001-P0030001
※オリジナルトートバッグ付き
※当日券:未定

[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Video_Widget”][/siteorigin_widget]

THURSDAY 初の単独来日決定!

[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]

THURSDAY Japan Tour 2019 開催決定   

アメリカのポスト・ハードコアシーンを代表するバンド「Thursday」
キャリア初の単独来日公演が決定!

1997年にアメリカのニュージャージーで結成。
ジェフの存在界のあるボーカルに、完璧なまでの旋律を奏でるバンド演奏でエモ/ポストハードコアを代表するバンドになり「スクリーモ」と呼ばれるジャンルを確立させる。
マイケミカルロマンスなどとも交友があり、2001年にはVictory Recordsから「Full Collapse」をリリースし人気を博し、メジャーデビューを果たした3rdアルバム「 War All the Time」ではUSビルボードトップ200に選ばれ、スクリーモ界を牽引する。
2011年には来日の予定だったが、震災の影響でキャンセルになる。そして、2012年には活動休止を発表。
2016年に再結成を果たし約10年の時を経て、初の単独来日公演が決定!
本物のスクリーモを体験せよ!

THURSDAY コメント
2011年の初のヨーロッパツアー以来、このツアー発表することがで驚き、興奮しています。
アメリカでのラストライブの後、僕たちは再結成後にプレーできなかったすべての場所について話し合いました。
特に続けていく中で、同じ時間を共にプレーする事が不可能に見えました。
僕たちは議論を重ね、今までプレーした事のない国や都市でショーをする事に決めました。
Koln, Eindhoven, London,JAPAN ….僕たちはやってくる。 
 

waver waver present’s
THURSDAY JAPAN TOUR 2019
2019年12月5日公演 大阪 SUNHALL
開場 18時00分 開演 19時00分
前売りチケット
7,000円 ドリンク代別
先行発売 : イープラスにて7月17日12時開始
       オリジナルトートバッグ付き
THURSDAY JAPAN 
TOUR 2019
一般発売日 :9月6日
当日券:未定

     
waver waver present’s
THURSDAY JAPAN TOUR 2019
2019年12月6日公演 東京 SPACEODD
開場 18時00分 開演 19時00分
前売りチケット
7,000円 ドリンク代別
先行発売 : イープラスにて7月17日12時開始
       オリジナルトートバッグ付き
THURSDAY JAPAN 
TOUR 2019
一般発売日 : 9月6日
当日券:未定

 

主催 waver waver
協力 株式会社マイコール
お問い合わせ 各ライブハウスまで
公演オフィシャルサイト 

Thursday

Jonah Matranga 来日インタビュー

[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]

Jonah Matranga 来日インタビュー

1. こんにちは。今回インタビューをさせていただくSatoshi/Waver Waverです。よろしく。
Jonahはこれまでに、様々なバンドやソロ活動を行ってきました。今までの主な活動を教えてください。

JONAH:
Farは1991年にサクラメントで結成し、それから世界中をSepultura, Deftones、Sense Field等とツアーをまわったよ。
1998年にFarを解散後、ソロ活動のOnlinedraingを始めたんだ。
そして、Thursday, Coheed & Cambria, Dashboard Confessionaなど様々なバンドとツアーをやったんだけど、そんな時にNorman/ Texas Is The Reasonから新しいバンドをやりたいと連絡がありNew End Originalを結成したんだ。
僕たちはOnelinedrawingの曲をアレンジ仕直しNew End Originalの曲を完成させたんだ。
2005年にはDeath cab for cutieとも共演したよ。
それからGuratidudeを結成し、Jimmy Eat Worldとツアーをまわったんだ。
その後、Coachellaフェスティバルとレディングフェスティバルにも出演し、この時期に初めて日本へ行ってFuji Rockでプレイしたんだ。
それから、自分名義のレコードを沢山作ったよ。
Minor Fort(Linkin ParkのMike Shinoda)、Lupe Fiasco、Thursday、Frank TurnerのツアーやKimya Dawsonのレコード、そしてIan Love(Rival Schools )のレコードも作ったな。JawboxのJ RobbinsとZach Barocasともレコードを作ったよ。そして僕は夢をかなえるのに素晴らしい人々とのコミュニティを構築してきたんだ。 また娘の為に歌うことについての本とオーディオブックを作ったり、 今も新しい音楽に取り組んでいるよ。

3. Farでは、様々なバンド(Deftnessなど)へ影響を与えてきています。SenseField,Texsa is the reason,Jimmy Eat World などとも共演されたと思います。当時の音楽シーンなどを教えてください。

JONAH:
当時はものすごくエキサイティングしたよ。多くの違ったサンドのバンドと共演したよ。もっと、女性や黒人、ゲイの人たちと関われた良いと思ってたよ。そうしたらもっと楽しかったと思うよ。

4. EMOシーンを牽引してきたと思いますが、常に新しいことやクリエィティブしつづける為の原動力はどこにありますか?

JONAH:
僕は人々よりも音楽が大好きなんだ。それは僕に平和と喜びをもたらし、悲しい時を乗り超える手助けをしてくれるから。
お気に入りのアーティストPrince, Neil Young, Rickie Lee Jones, The Clash, Led Zeppelin, U2, Public Enemyなんかを聞きながら学ぶんだ。コピーをするのではくそこから色々と感じて音楽を作るんだ。
他の人とは違ったサウンドを目指しているよ。

5.影響を受けたバンドやミュージシャンを教えてください。最近はどのような音楽を聴いていますか?

JONAH:
最近のお気に入りは、RihannaのANTI、BeyoncéのLemonade、それからKendrick LamarのDAMNとTo Pimp A Butterflyかな。
今は、パンク、フォーク、ソウルを組み合わせた音楽を作りたいと思っているんだ。

6.今回、FAR「Walter&Soluton」20周年で世界中をツアーしていますが、ツアーの様子など教えてください。

JONAH:
Farの曲をやるのはすごく最高だったよ。曲はいまだに新鮮でとてもエキサイティングだし、多くの違ったミュージシャンと演奏するのがとても楽しかった。

7.最近では、J.RobinsともEPをレコーディングしましたがこれはどういう経緯で製作されましたか?

JONAH:
僕たちは、Camorraというバンドを結成したんだ。Jロビンズのスタジオでレコーディングしたんだ、世界中の人種差別について語り、一緒に曲を書いたよ。
その曲は“Mourning, Resistance, Celebration.”(喪、抵抗、祝い)っていう曲なんだ。

8.私はNew end original の大ファンです(笑)。New End Originalの結成の経緯やレコーディングの事を教えてください。

JONAH:
Norman/Texsa is the reasonはonelinedrawingの曲が好きだったんだ。そこでCharlie と Scottにも声をかけてNew End Originalを結成して2週間でレコードを完成させたんだ。もっと、一緒にバンドをやりたかったな。

9.来日は10年ぶりですが、日本のバンドやシーンについてどう思いますか?

JONAH:
僕が今まで日本で演奏したことのあるバンドはどれも、素晴らしく良いバンドだった。 このツアーで日本のミュージシャンと共演するこにとても興奮してるよ。

10.ありがとうございました、日本のファンへ一言お願いします。

JONAH:
君たちの優しさとサポートに感謝しているよ、今回もっと一緒に楽しもう!いつでも、僕のWEBSITEに来てね!

waver waver present’s
Jonah Matranga with Friends
Featuring songs from
FAR , Gratitude , New end original , Onelinedrawing
2019年3月16日公演 京都 GATTACA with nim , Dry river string , folio
開場 18時00分 開演 19時00分

2019年3月17日(日)公演 新宿 ANTKNOCK with BUDDHISTSON ,ATATA
開場 18時00分 開演 19時00分

前売りチケット
4,800円 ドリンク代別 
一般発売日:2月9日

Ticket now on sale
3.16.2019 at Kyoto GATTACA with nim , Dry river string , folio
OPEN:6:00pm START:7:00pm
Pre-sales Ticket 4,800Yen (withpout Drink)
GET TICKETS

主催 waver waver
協力 株式会社マイコール
お問い合わせ 各ライブハウスまで
公演オフィシャルサイト http://www.waver-waver.com/jonah
Jonah Matranga オフィシャルサイト http://jonahmatranga.com/

JONAH MATRANGA JAPAN TOUR 2019

[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]

Jonah Matranga JAPANTOUR 開催決定 ポストハードコア・バンド “FAR” のフロントマンJonah Matranga
のフジロック出演依頼10年ぶりとなるジャパンツアーの開催が決定! 東京と京都の2公演!

豪華ゲスト出演も決定!
京都公演には関西を代表するインディーバンドnim , Dry river string , folioが参戦!
東京公演には、日本のインディシーンを代表するBUDDHISTSON , ATATAが参戦! 
激アツの2公演を見逃すな!

e+でチケットにて先行販売開始! 2月9日販売開始!

e+

2019年3月16日公演  京都GATTACA with nim
,Dry river string , folio
開場 18時00分 開演 19時00分

前売りチケット
4,800円 ドリンク代別
先行発売 
一般発売日 2月9日  
当日券:未定

2019年3月17日公演  新宿ANTIKNOCK with BUDDHISTSON,ATATA
開場 18時30分 開演 19時00分

前売りチケット
4,800円 
一般発売日 2月9日 
当日券:未定

[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Button_Widget”][/siteorigin_widget]
[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]

QUICKSAND JAPAN TOUR 2018

伝説のバンド:QUICKSANDが奇跡の来日決定です! DRUMKAN率いるVo/Gt SatoshiがRevelationへ行き、彼らを招聘!
22年ぶりにニューアルバム「interior」を提げての来日です。
waver waverもこの来日サポートをしていきます!
東京公演にはDRUMKAN,大阪公演にはnimが参戦します!

QUICKSAND JAPAN TOUR オフィシャルサイト

7月13日(金)よりe+、ぴあでチケット先行発売になります!
e+
チケットぴあ先行発売

2018年10月21日公演  大阪SUNHALL with nim
開場 18時00分 開演 19時00分

前売りチケット
5,800円 ドリンク代別
先行発売 7月13日 http://eplus.jp/quicksand/
一般発売日 9月1日
当日券:未定

2018年10月22日公演  新代田FEVER with DRUMKAN
開場 18時30分 開演 19時00分

前売りチケット
5,800円 ドリンク代別
先行発売 7月13日 http://eplus.jp/quicksand/
一般発売日 9月1日
当日券:未定

主催 QUICKSANDJAPANTOUR 事務局
協力 LIVEAGE     waver waver
お問い合わせ 各ライブハウスまで
公演オフィシャルサイト http://quicksand-japantour.com
QUICKSAND オフィシャルサイト http://www.quicksandnyc.com/

 

THE FERVOR


waver waver 久々のリリース決定! 
豊かな大地:ケンタッキーが生んだ「THE FRVOR」日本上陸!

ボーカル・ナタリーの不思議でハスキーな歌声は、インディーロックのカレン・カーペンターの様に深く深く聞きいって、
催眠術に引き込まれる力があり、ベンが奏でるギターには、大きな大地ケンタッキーの息吹が吹き込まれダイナミックかつ
穏やかな空気を感じさせるバンド。

インタビューも予定しているのでお楽しみに!

発売は2014年12月月3日です!

Let’s Fight
[audio:http://waver-waver.main.jp/audio/Let’s Fight.mp3|titles=Let’s Fight]

THE FERVOR|BLEEDER

1. Moment of Truth
2. Let’s Fight
3. Old State Road4. Control It
5. The Void
6. Brushfire
7. Fast
8. Don’t Disappear
9. The Same
10. Out Alone
-bonus truck-
11. No Apology*
12. Same State*
13. Yellowwood* 
1,800YEN(1,944YEN/tax)

Jamie Woolford


2013年 waver waver第2弾はJamie Woolford!
あのThe Stereo,LET GOのボーカルがシーンへカムバック!

EMOシーンを牽引し続けててきた集大成が堂々完成です。
随所に見え隠れするステレオ節はたまりません!
これは、、、、ただのソロアルバムではないですw

インタビューも予定しているのでお楽しみに!

発売は4月3日です!

No Contact
[audio:http://waver-waver.main.jp/audio/02 No Contact.mp3|titles=No Contact]
“in-the-studio” video from tittle truck “A Framed Life In Charming Light”

Interview -SAFE-

SAFE 『Cinematic Ocean』が本日発売になりました!
バンドの中心メンバーVo/GtのJoshから日本のファンに向けてメッセージが届いています!

#1 SAFE結成について教えて下さい。
SAFEは、ドラムのブライアンが僕が新曲を書くのにドラムを探しているのを聞いて一緒に始めたんだ。
曲を書いたり、レコーディングをしていくうちに僕はLong Since Forgotten(LSF)のジェフを誘ったんだ、彼とは学生時代からの友人だし、意識せずに出来るから。
それからベースのジェイともいくつかバンドを一緒にやった事があったから自然な流れで彼が加入したんだ。

#2 LSFが解散した後何をしていたんですか?
LSFが解散した後はフルタイムの仕事につたり、サイドプロジェクトでローカルバンドへ参加したりだった。
ただ、音楽を続けていたかったんだ。

#3 曲は誰が書いているのですか?
このアルバムは全て僕が書いたんだ、今後はメンバー全員で曲作りをしていきたいと思っている。

#4 LSFのサウンドメイキングと異なる点はありますか?
このアルバムは僕が初めてレコーディング、エンジニア、ミックスの全て手がけた作品なんだ。
ドラムはシラキュースのスタジオ、以前暮らしていたニュージャージー僕のアパートで録ったものなんだ。
LSFではいつもプロヂューサーやエンジニアがいたからね。

#5 どんなミュージシャンに影響を受けましたか?
Third Eye Blind, Jimmy Eat World, Gin Blossoms, Hey Mercedes 、 Nada Surfかな。
彼らの音楽性がアルバムに少し出ているんじゃないかな。

#6 Alan Douchesにマスタリングをてがけていますが、何故彼に依頼したのですか?
アランは素晴らしい仕事をしてくれるし評判を良いからかな。彼はLSFのStanding Room Onlyも
やってくれてるし、彼が素晴らしい仕事をしてくれると思ったんだ。

#7 今後の活動予定を教えて下さい。
僕たちはツアーに出て友だちやファン達に会いに行きたいと思っている。
出来れば日本にも行きたいよ!

#8 最後に日本のファンへ一言お願いします。
SAFEのニューアルバムを楽しんで下さい!僕たちは君たちの為にプレー出来る事を楽しみにしてるよ!